育毛剤を使うときの注意点を解説

育毛剤とは血行促進成分を含む製品のことで、血行を促進することで細胞を活性化させて髪の毛の成長を促してくれたり、男性ホルモンや皮脂分泌を抑制する効果もあり、脱毛の予防にもなります。薄毛が気になってきたなと感じてきてたら対策をする事をお勧めします。育毛剤を使う時に気を付けてもらいたい点があります。医薬品と医薬部外品の2種類あり、医薬品は薄毛に対する効果は強いものの、副作用があります。若いうちから強い薬を使ってしまうと副作用が強く出てしまい、体に支障をきたす場合があります。未成年の方は医薬品をいきなり使う事は推奨されておらず、育毛成分が強い場合、一部の商品は年齢制限を設けているものもあります。対象年齢に達していない場合は絶対に使用しないように気を付けてください。

すでに薄くなってしまっている髪の毛

ずっと気になってはいたけどほったらかしにしてしまい、かなり薄毛が進行してしまっていて、今更育毛に効果のある商品を使っても効果がないのではないかと諦めてしまいがちです。しかし諦めてしまうのはまだ早いです。確かに薄毛になってしまう前に対策をとっている人より目に見える効果が出るまで時間がかかります。でもどんな方でも1日や2日で効果が現れる事は無いです。気長に薄毛と向き合い、毎日継続する事が大事です。少しずつですが髪の毛が濃くなってきた、復活してきたという方は多くいらっしゃいます。そしてどういう対策をとるのが最善なのかは、その人の髪質などによって変わってくるので、皮膚科やクリニックなどの薄毛の専門医院へ出向いて医者に相談すると良いです。そこで症状にあった対策や薬を処方してもらえることもあります。

本当に薄毛に効果があるのか不安

育毛剤を色々と探し回って、これだと思えるものに出会ったとしても、本当に薄毛に効果があるのか不安になる方は多くいらっしゃいます。どれぐらいの時期で効果が現れ始めるのかは頭皮の状態や使用している薬の種類によって個人差があるのですが、変化を感じ始められるのは半年過ぎたぐらいからというケースが多いです。髪の毛にはヘアサイクルといって生えて、伸びて、抜けてを繰り返しています。そのサイクルがだいたい半年から10ヶ月ぐらいなので、そのあたりで髪の毛が生えてきたり太くなってきたという実感が湧きます。すぐに効果が現れないと不安やストレスを感じる事は良くありません。ストレスによって更に薄毛になってしまうからです。また複数の薬を併用する事もあまり良くないです。焦らず気長に生えてくるのを待ちましょう。