育毛剤の使用方法について紹介

使い方を間違えてしまうと十分な効果を得ることが難しくなります。正しい使い方を覚えましょう。まず前提として継続して使うことが大切です。髪はすぐに生えてくるわけではありませんので、結果が出てくるまでに半年や一年は必要です。結果が見えないからといってすぐに諦めず、継続して使うようにしましょう。清潔な頭皮に使うほうがよいので、洗髪後などのタイミングで使いましょう。つける場所は頭皮です。頭皮が濡れている状態で使ったほうが良いものもあれば、乾かしてから使うものもあります。説明書に従って正しくつけましょう。つけすぎもよくありませんので適量をつけましょう。洗った後、自然乾燥は雑菌が繁殖しやすくなったり、頭皮が冷えたりしてよくありません。ドライヤーも使って手早く乾かすようにしましょう。

シャンプーのしすぎは逆効果

頭皮を清潔にしてから育毛効果のある商品を使ったほうが良いですが、シャンプーのしすぎは頭皮によくありません。かえって薄毛の原因になります。一日一回を限度にしましょう。そのため、朝晩と育毛剤を使用する際には、朝の使用時にはシャンプーをせずに使用するほうがよいです。朝の使用に関しては、製品によって効果が異なります。朝晩使うのが良いとは限りませんので、説明書に従うようにしましょう。育毛効果を引き出すには、正しく使うことがとても大切です。シャンプーのしすぎは頭皮の環境が悪化し、育毛効果が引き出しにくくなるので注意しましょう。また、使用量についても注意が必要です。たくさん使えば効果が早く出るというものではないからです。たくさん使い過ぎると毛穴を塞いでしまい、かえってよくない場合もありますので適量を心がけましょう。

正しく洗った後に適量をつけよう

育毛剤の効果を引き出すには、正しく洗った後に適量をつけることが大切です。頭皮と相性のよいシャンプーを使って正しく洗いましょう。まずは乾いた状態でブラッシングをします。ブラッシングをして汚れを浮かせたら、ぬるま湯で予洗いをしましょう。それからシャンプーを泡立て、頭皮を洗っていきます。指の腹を使って洗い残しがないように丁寧に優しく洗います。すすぎ残しがあると頭皮のトラブルに繋がりますので、十分にすすぎましょう。育毛シャンプーなどをお使いの方も、シャンプーの成分を残してしまうのはよくありません。しっかりすすいで頭皮を清潔にしましょう。濡れた状態でいると雑菌が繁殖しますのでドライヤーやタオルドライで適度に乾かします。育毛剤は、乾かしてから使用するのか、濡れた状態のときに使用するのかは製品により異なります。説明書に従って適量を頭皮につけましょう。