正しい育毛剤の選び方を紹介します

薄毛の悩みを解決するための手段の一つとして、有効的なのが育毛剤ですが、いざ、使おうと思っても、種類が豊富すぎて、どれを買えばいいのか分からないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。育毛剤には、有効成分や価格帯、スプレータイプやローションタイプなどの形態に至るまで、実にバリエーションに富んだ種類やメーカーがあります。そのそれぞれが特徴を持っているため、薄毛のタイプによっては、向き不向きなどがあり、効果を実感しにくいケースもあるようです。これらの効果を存分に発揮するためには、まず、自身の薄毛の原因となっているものを知ることから始めてみましょう。そして、原因となったものの改善を目指すとともに、配合されている成分をよく調べ、本当に自分に合ったものを選びましょう。

薄毛のタイプによって効果的な成分が違う

運動不足や喫煙、ストレスなどが原因となっている薄毛は、頭皮が血行不良をおこし、栄養が行き渡らなくなっている可能性があり、そういったケースの薄毛に有効なのが、血行促進作用のあるタイプのものです。血行促進に有効な成分では「ミノキシジル」や「ニンジンエキス」「トウガラシチンキ」「センブリエキス」などが有名です。仕事などが忙しく、食生活や睡眠をはじめとする生活習慣の乱れが原因となっているケースでは、毛髪を作る細胞である「毛母細胞」の働きが弱くなっていますので、毛母細胞に栄養を届ける働きのある成分が含まれているものを選びましょう。この場合、有効な成分では「オウゴンエキス」「アミノ酸」「パントテン酸カルシウム」「ペンタデガン酸グリセリド」などが有名です。

自分に合ったものを見つけるために

上記のように、薄毛の原因によって、頭皮や毛髪に必要な成分に違いがあります。薄毛の原因は人それぞれです。自分の薄毛の原因に合ったタイプのものを見つけたら、まずは恐れずに使ってみましょう。評価の高い育毛剤は、高価なものも多いのが現状です。高価なものを購入したからと、適正量以下の量を塗布したり、途中で使用を中止することがあっては、本末転倒です。コストパフォーマンスの面でも、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。小さな種から花を育てるように、育毛にも、長い時間が必要です。種には、栄養分の高い土や十分な水を与えるように、頭皮や毛髪を気遣い、必要であれば、生活習慣の見直しなども行いましょう。そうした小さな努力の積み重ねが頭皮環境を整え、健康な毛髪の成長につながります。